どすこい!湘南ちゃんこ部屋☆

茅ヶ崎に住む、ちゃんこのブヒブヒ日記! 横綱に昇進する日はいつ~??の巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

再び病院へ


先日、病院で診察してもらってから、数日。
ヘルニアからくる悲鳴はなくなったものの、
血下痢がみられる。

12月11日。
朝ごはんを食べてなかったので、
私が、仕事の休憩合間に心配で家に帰った時の事。

ご飯を食べた様子もなく、フードボールにまだ残っている。
トイレシートには、血の混じった排泄物。
まだ、体調が相当悪い様子で、いつもの目と違う。
ケージを開けるといつもならでてくるのに、
ベッドに横になりながらずっとこっちをみている。
おいでとよんでも出てこない。



保田病院の担当の獣医さんに電話。
様子を詳しく説明し、仕事中の為、病院に行けるのが、
夜になってしまう事を告げる。
ちゃんPは、夜遅くに帰宅するため、私一人で連れて行かなくてはいけない。
はずかしながら、一人で心細くなり不安になってしまいました。


ちゃんこの症状と、自分一人という状態にものすごく不安がっている私に、
先生が、とても冷静に暖かく対応してくださり心強かった。
ナビもなく、方向音痴な私。
暗い夜道を無事にちゃんこを連れていけるか、自信がなかったのです。



仕事にもどり、とにかく早目に帰ってあげたいなと思っていると、
アルバイトの方も心配してくれて、変わってくれる事に。。


急いで、帰宅。

ケージの中は、胃液まじりの嘔吐が、数か所。(前日あたりから食べてないため)
トイレシートは、血の混じった排泄。
多数の嘔吐した痕と、血だらけのベッド。
その上に、もがいて苦しんだような状態で、ベッドがぐちゃぐちゃに。



「。。。。。。。。。」



一瞬、まるでケージの中が殺人事件現場のように見え、
ほんとに怖かった。
気が同様し、先生に再び電話。




お昼の状態よりも、ケージの中の血や、排泄が多量になっていること。
ちゃんこをなでたり、触ろうとすると激しく抵抗し唸ってて抱っこが出来ないこと。
一人でいる状態から、ちゃんと連れてけなかったらどうしようと、
気持ちばかりあせる。

そんな時、
先生がとにかく病院でまってますからと、
私を落ち着かせてくださいました。
ちゃんPは、夜遅くに帰宅する為、
先生にすがるおもいでいっぱいで電話ごしでも
何をしゃべったか正直覚えてません。(苦笑)


とりあえず病院に行く準備。
ダンボールを助手席にセットし、ちゃんこを運ぶ。
ベッドごと持ち上げようとするも、ちゃんこが唸る。
そしてかみつこうとする。
どうしよう。。と一瞬悩み、

一秒でもはやくと、タオルを一枚用意し、
ごめん!と思いながら顔を覆い、抱きかかえ、
ゲロゲロになっているベッドをがっつり抱えなんとかダンボールに。

そして、手書きで書いた行き方の文章を読みながら、出発。
外は、もう暗く、目印の信号の名前を繰り返しながら、
なんとか近くまで辿り着く。

先生にもう一度電話して、保田動物病院へ無事に到着。

(前回は、保田第二動物病院だったので、初めでした。)



見覚えのある先生の顔をみて、思わず目から涙があふれてきました。
これで、処置してもらえると。。


止血嘔吐止めの注射。抗生物質

それから、アミノ酸だったかな(記憶が曖昧。。)点滴で栄養補給。

背中の皮をひっぱって、肉と皮の間に注射していく。
背中の上の方が、ぷくっと膨らむ。
全体にいきわたるよう上からマッサージ。

点滴っていったので、何十分かやるのかと思いましたが、違いました。


排泄物をトイレごともっていったので、便の検査もしました。
顕微鏡で直接みさせてもらうと、
うにょうにょ動いてるものをたくさん発見。


ちゃんこの病状は腸炎

これが、苦しんでいた原因です。

カンピロバクターという細菌がみつかりました。


人間が風邪などでひどく体調をくずすと、嘔吐したり、
下痢になったりするような症状と一緒で、
ちゃんこは、血下痢になっていて、ゼリー状の血がでていました。




ここの病院は、全国からくるほどで、
今回、それをとても実感しました。

ここの病院は、すべての動物の命に真剣に向き合い診察、治療をしてくれます。
くわえ、心配している飼い主さんの気持ちも大事に考えてくれ適切な処置、方法をとってくださいます。

確定診断

飼い主にとって家族にとってこれほどの安心できる事はないと思います。
できるなら、悪い病気であって欲しくはありません。
でも、病名や、原因がわかれば、気持ち的も安心でき、
今後気をつけて生活しようと思えるようになります。


普段、いくかかりつけの病院は、近所にありますが、
何かいつもと様子がおかしく薬を飲んで、例え治ったように見えても、

だろう診断ではなく、

ヘルニアになりやすい犬種の場合、また再発する可能性は十分あるので、
治療費などのリスクは保険にはいっててもありますが、
一度しっかり精密検査を早くうけて、意識しながら生活したほうが絶対にいいなと
今回実感しています。






今回、薬を止血どめ、吐き気止め、抗生物質の三種類をいただきました。(5日分)

15日再診予定だったため、それまで様子を見る事になりました。


帰りは、先生が車までちゃんこを抱っこしてくださり、
また道を説明してくださり、無事に帰宅。

助手席にのったちゃんこは、ダンボール箱から体をすこしのりだし、
私の左腕に顔をのせ、安心してるのかじっとこっちをみていました。
顔には、まだ元気がありませんでしたがとりあえず苦しそうな顔じゃなくなってほっとしました。



この間たくさんの方が、メールやお電話してくださりほんとに心強かったです。
ありがとうございます。


帰宅後、まだ血まじりの排泄。
食欲がありませんでしたが、少しずつ回復に向かっています。


がんばれ!ちゃんこ
親方は、元気です!




スポンサーサイト
[ 2010/12/15 13:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(24)
ちゃんこちゃん、辛かったね。
ママさん、心細かったね。
でも二人とも頑張りました!!
お薬を飲んで、もう少し頑張ろう!!

保田動物病院、本当に良い病院ですね。
動物の命に真剣なのはもちろん、
飼い主の気持ちも思いやってくれるなんて。
うちも万が一の時には!って思います。

早く元気なちゃんこちゃんに戻りますように☆
[ 2010/12/15 15:45 ] [ 編集 ]
快方に向かってるならヨシですね。

普段から情報収集はやるべきだと思います。
専門医もある程度知ってると心強いです。
うちの子に限ってはブヒにおいては関係ないですよね。
[ 2010/12/15 15:57 ] [ 編集 ]
原因が分かり良かったです
我が家いちごが1年1回腸炎を起こします・・
ひどかったのは去年の春先・・・
感染するんですよ・・・嘔吐した物や
下痢など・・・
それで5ブヒ感染3ブヒ入院でした・・見る見るうちに飛ぶような下痢・嘔吐に初めは戸惑いましたが、4ブヒ目の入院を聞かれた時は
自宅で見れる余裕があったので入院はさせませんでした、
今年はどうにか何もなく過ぎようとしています・
空我の事が1大事件でした

1日も早く良くなりますように
[ 2010/12/15 18:34 ] [ 編集 ]
よく乗り越えましたね、いろんな事を。
確定診断が下ったら、どういう方法で治していくか道が見えてきますね。
とにかく納得がいく方向で、飼い主さんが自信を持って。
光がいっぱい。
ひとまず、ホッ!
[ 2010/12/15 23:53 ] [ 編集 ]
ちゃんこちゃん、頑張って偉かったね!
ママさんもお疲れさまでした。

もう一踏ん張り!
焦らずしっかり治してくださいね!

寒いと神経が痛むと聞きます。暖かくして過ごしてくださいね!
[ 2010/12/16 08:27 ] [ 編集 ]
ちゃんこちゃん、苦しかったね~。
親方さんのご心配、そして一人でうす暗くなった不安ないな道を運転していくそのお気持ち、自分のことのように思えて、思わず涙が・・・。
でも、信頼できる病院の信頼できる親切な先生で良かったですね。
取りあえずは、ちゃんこちゃん、腸炎を早く治そうね!
[ 2010/12/16 10:00 ] [ 編集 ]
ちゃんこちゃん、苦しかったけど、よく頑張ったね。病気がはっきり分かって本当によかったです。とても信頼できる先生で心強いですね。お薬と治療で、ちゃんこちゃんが早く元気になることを祈っています。
親方さんも、いろいろ大変でしたね。お仕事でちゃんこちゃんから離れていなければならないとき、もっとつらい思いをされたでしょう・・・気持を休めて、体調崩さないように気を付けてくださいね。
[ 2010/12/16 15:17 ] [ 編集 ]
リキ母さんへ
ほんとに、一時は焦りました。。e-258
いっつも元気な生意気なちゃんこが、
様子がおかしいとほんとに心配で。。

だいぶよくなってきました。
ありがとうございます。

春隊長が、利用していた病院。
ほんとに、よい病院だと思います。
みなさんのおかげで、ちゃんこも回復に向かっています。
来年、是非一緒にまた遊んでください!!
[ 2010/12/16 18:33 ] [ 編集 ]
梅松父さんへ
ほんとに、いざとなった時の情報収集は、大事だと実感しました。
本気で、あせりました。(泣)
でも、しっかり診察してもらえてよかったです。
これから、しっかり予防できるようにみていきたと思います。
[ 2010/12/16 18:35 ] [ 編集 ]
poohママ さんへ
いちごちゃんも、腸炎になったことがあるんですね。
5ブヒ感染3ブヒ入院。。。
考えただけでも、あせります。。e-443
そんな、かわいいブヒちゃん達を、しっかり育てていらっしゃる、poohママさん、パパさん達に、
頭があがりません。i-201
私達も、しっかりできる事は知識をつけて
飼い主として、ちゃんこをしっかりみていこうとおもいます。
[ 2010/12/16 18:41 ] [ 編集 ]
空太郎ままさんへ
空太郎ままさん、ありがとうございます。
とりあえず、原因がわかったのは安心でした。
いつも、嬉しそうにご飯を食べるちゃんこが、
ご飯を残しているのをみると、本当に心配になります。
まだ、完全ではありませんが、
はやく良くなってほしいです。
[ 2010/12/16 18:50 ] [ 編集 ]
こなつのお母さんへ
こなつのお母さん、ありがとうございます。
少しずつあせらず様子を見ていきたいと思っています。

ほんとに、寒さも大敵ですよね。
あまり、ストレスをあまりあたえないように、生活できたらいいなあ。
家では生意気なちゃんこですが、外ではへたれちゃんこ。
できるだけ、飼い主としてしっかりみていけたらと思っています。
[ 2010/12/16 18:54 ] [ 編集 ]
かなかなさんへ
かなかなさん、心配してくださってありがとうございます。
一瞬、どうなることやらと考えてしまいましたが、
こんな時は、飼い主は強し!でいかなくちゃいけませんね。
ひとまず、苦しさからはのがれてくれてよかったです。腸炎なおして、早くお散歩できるようにがんばります!!
[ 2010/12/16 18:57 ] [ 編集 ]
でんママさんへ
ご心配おかけしました。
とりあえず、ごはんも食べるようになったのでほっとしています。
病気がはっきりわかると、対処がとてもしやすいなと実感しています。
ヘルニアなどは、今後一番気をつけていかなくてはと思っています。
最近、ほんとに寒いのでお互い気をつけてましょうね~。

[ 2010/12/16 19:01 ] [ 編集 ]
ブログ読んでびっくりしました。
すいません。今まで何も知らず・・・
何も力になれず・・・
わたしに出来る事ありますか?
車なら運転出来るから、なんかあったら連絡してね。
協力出来る事があれば協力したいです。

私の知ってる元気なちゃんこ嬢になる事を切に願ってます。
ちゃんPとちゃんママもいろいろ大変かと思いますが、体調気ををつけてね。
負けるなっ ちゃんこ家
[ 2010/12/16 23:24 ] [ 編集 ]
ちゃんこちゃん、頑張ったね。ちゃんMも!
原因がわかってよかった。
ひとりで心細い気持ち、よくわかります。
運転頑張って、よい先生に診ていただいて、頑張った甲斐があったね。
大好きなお散歩に早く行けるように祈ってます。
[ 2010/12/17 10:25 ] [ 編集 ]
下血に吐血、ホント怖かったでしょう!
ちゃんこちゃん自身も体の異変に不安だったんですね。
すぐに対応してくれる良い病院で、そしていろいろ検査の機材も揃っていて、とても安心できるところですね。
ちゃんこちゃんも原因が分かって症状が落ち着いて
安心しているところかな。。
私も運転なら出来るから、何か困ったら連絡してね!
[ 2010/12/18 08:43 ] [ 編集 ]
ヘルニアとは関係なかったんですかね。それとも薬やなんかで体調が弱ってる時に細菌にやられちゃったんですかね。   適切な処置を受けてもう少しで安心できそうですね。

運転頑張ったね!!
[ 2010/12/18 23:28 ] [ 編集 ]
やっぱ、原因が分からないと不安ですよねぇ
でも、近くにこんなすばらしい病院&優秀な先生方がいるのだから、大丈夫です

ちゃんこちゃん、がんばれ!
[ 2010/12/18 23:33 ] [ 編集 ]
お豆ママさんへ
心配してくれてありがとうございます。
ずいぶん体調も良くなり、ごはんもしっかり食べています。
誰もが、なる可能性のあるヘルニア。腸炎。
普段からもっと気をつけてみてあげなくてはと実感してます。
お豆ちゃんも気をつけてね。
[ 2010/12/20 15:22 ] [ 編集 ]
ひゅうママさんへ
心配してくださって本当にありがとうございました。
ごはんもしっかり食べれるようになって、
少し甘えん坊?になったかと思いきや、
近づいてみると、うーっ!っていったりと、
性格が相変らず家では、偉そうです。(笑)
ちゃんPの帰りが遅い分、私といる時間が長いので、テレビを見てたりすると必要以上にくっついてきますが、体調がよくなった証拠として多少のストーカーも許そうかなと思っています。(笑)

[ 2010/12/20 15:26 ] [ 編集 ]
ふうくうママさんへ
いろいろ心配してくださってありがとうございました。
今回は、ほんとに焦ってしまいました。e-443
突然の悲鳴からヘルニア、そしていろんなストレスから腸炎へ。
普段、健康なブヒちゃんでも突然きてもおかしくない病気。
気をつけていてもなる可能性もある。。
今回、本当に勉強になりました。
一番は、きちんとした病院を紹介してくださったお友達がいた事。
本当に、まわりの方には感謝の気持ちでいっぱいです。
来年また、元気になったら遊んでくださいね☆
女子会企画も楽しみにしています(笑)
[ 2010/12/20 15:30 ] [ 編集 ]
ジダンママさんへ
いろいろ心配してくださってありがとうございました。
腸炎。おそらくヘルニアの検査をする際に、病院でいろいろ麻酔したり、
なれない環境にいたストレスもあったからか、けっこうへたれちゃんこなので(汗)、
いろんなものがかさなり気持ちも体も弱くなって
最近が入ってしまったのかなと。。

普段、しっかりみているつもりでも、結構後で、
あの時こうした方がよかったのかな。。。とか
思い当たることあります。。

とりあえず、まだ散歩は控えてくださいといわれていますが、
食欲もでてきて元気になってきました。ひとまず安心しています。
本当に、ありがとうございました。
[ 2010/12/20 15:36 ] [ 編集 ]
あずパパ さんへ
原因がわかって本当によかったです。
それから、春隊長ににこの病院を教えてもらい
感謝してると同時に、ブヒ友達の暖かさに
今回、本当に心強く、救われました。
一日でも長く、健康で生きてて欲しいですもんね。
心配してくださって、本当にありがとうございました。
[ 2010/12/20 15:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。