どすこい!湘南ちゃんこ部屋☆

茅ヶ崎に住む、ちゃんこのブヒブヒ日記! 横綱に昇進する日はいつ~??の巻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ちゃんこ一家探検隊 ~ウワサの秘湯・到着編~

続き

touchaku.jpg
ち:「ここはいったい・・・」









そしてついに、ウワサの秘湯に到着↓温泉はコチラ

iriguchi.jpg
星山温泉稲龍神山スポーツセンター(葉山)
以前は、アスレチック、トランポリン、バーベキュー施設など自然満載のレジャースポットとして知られていたそうですが、先代が20年ほど前に鉱泉を掘り当てたのを機に星山温泉へと変貌したようです。鉱泉を沸かして入るタイプの温泉です。
関東屈指の秘湯としてコアな温泉好きの間でのみ語られているウワサの温泉です。



taksugi.jpg

水道は通っておらず湧き出る源泉のみ、廃材を薪として使用するこちらは、間違いなく湘南一エコでロハスな経営のパイオニアと言えましょう

よし ちゃんこ、まずは現場調査だっ
chankotouchaku.jpg
ち:「あいあいさ。ちょうさをかいしします」

147.jpg


kunkun_20100223133606.jpg
クンクン・・・クンクン
ち:「たいちょう、もんだいありません」

うむ、偵察ご苦労さん。

こちらの温泉は1組ずつの貸切制で、先客がいたので、待合へ



isu2.jpg
少しすると、大きなリュックを背負った若い女性が原チャリに乗ってやってきました。
タオルを忘れ取りに帰っていましたが、ここに1人で来るとは・・・女の中の女。 たくましいなぁ。


モノクロで撮ってみたら、風化がさらに進みました。(昭和か?)
monokuro2.jpg

こちらはボイラータイプの浴室。(現在故障中)
boiraa.jpg

薪場。(薪ではないけどね)
kama.jpg

こちらが薪使用の浴室。
onseniriguchi.jpg

主人:「おどろかれるお客さんもいらっしゃいますので、まずは風呂場をご覧になって下さい。鉱泉を薪で沸かしています。入られますか?」
ち一家:「もちろん、いただきます!」

オーストラリアで生活していた時、ビクトリア州北部のキャンプサイトで様々な国の人達と1ヶ月生活し、タスマニアラウンド時には、週の約半分は車上生活を体験しているちゃんこ一家探検隊には屁でもありません

脱衣場の戸が固く、力いっぱい閉めると戸が傾きました。
ほんのご愛嬌です。
to.jpg

扇風機には数年モノの埃が・・・ここまでくるともう「誇り」と呼べます。
だが、使われることはないでしょう。
datuijyo.jpg

こちらが浴室。薄明かりに照らされる、ステンレス製の風呂。 
そうまさかの家庭用の風呂。(貸切制)

furo.jpg

絵心溢れる両面の絵画。
enoshima_20100223004214.jpg

seikou.jpg
ミニマムな佇まいに侘・寂を感じずにはいられないのは、やはり日本人だからでしょうか??
furo2.jpg

肝心のお湯は、うっすらと黄味がかった艶のある感じで、ヒアルロン酸の化粧水の様な粘着性のあるヌルっとした、外観に負けず個性的な湯質です。肌が滑々し、芯から温かくなります。
内外観さえ気にならなければ、ある意味最強の温泉と言っても過言ではありません。
☆☆☆☆☆をつけている温泉愛好家がいるのも納得です。


ちゃんこママが入っている間、あたりを散策、休憩室へ
インパクト大の日の丸の扉の奥に怪しい光。  
気になるなぁ。まだ探検は終わってへんで・・・
kyukeijyoiriguchi.jpg

中には、扇風機、ストーブ、こたつ、奥の方にはミラーボール、太鼓やカラオケセットも。
かつて賑わっていた面影があります。踏み込んだだけで、太鼓を叩くのはやめにした。
・・・そう、とっていいのは写真だけ、残していいのは足跡だけです。
naka_20100223004441.jpg

休憩所の外壁には、教訓?や哲学?の言葉。
tetugaku.jpg

温泉のおじさんとしばし談笑。 大らかで感じのよい方でした。

10枚集めると1回無料になる補助券。
アイコンタクトで、集めることが決まった。 ちゃんこママが嫁さんで良かった
hojyoken.jpg

久しぶりの、探検気分に大充実の一日でした。


味のあるモノが好きな方で、ちょっと探検したい方にはおススメします。
おそらく迷うでしょう。迷ったら人に聞く。どうせなら思いっきり迷えばいいんです!
夢と希望、それとほんの少しの運さえあれば温泉に辿り着けるはずです。
※道幅が狭いので、大型車の方はお気を付けください。


ちゃんこ一家探検隊は今日も行く~。         




<おまけ>
帰り道、久しぶりにマーロウに寄り、春っぽい桜と抹茶のプリンを買いました。
futaru.jpg

sakura2.jpg macchapurin.jpg
抹茶は、なめらかでかおり高く、桜は、あずき入りカラメルもほのかに塩気があり和菓子のようでした。

少々お値段は高いですが、容器はパイレックス製のビーカーで、横に目盛りがあり、ちゃんこ一家では計量カップとして活躍中。

定期的にデザインが変わるので、集めるのにもおススメです。

ByちゃんこP

↓ ↓ ↓フレンチブルドッグひろばはこちら
フレンチブルドッグひろば

よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓
FC2Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2010/02/27 18:00 ] 探検 | TB(0) | CM(12)

ちゃんこ一家探検隊 ~ウワサの秘湯を目指して~

こんにちは!!今回はちゃんこPが初めてブログを書きます。


最近の休日は、もっぱら近所で過ごす事が多いちゃんこ一家。 
湘南近辺の面白そうな所は大体回った事もあり、少々マンネリ気味・・・

横内団地なみに何かシゲキ的なとこないかな~?」っと探していたら・・・

湘南に関東屈指の秘湯があるという情報をつかみました!!

秘湯・・・そうヒミツの湯  ええ響きやないですか~



さっそく、先週日曜に秘湯探しに行く事に。


まずは、腹ごしらえ。
湘南某所のちゃんこ一家の秘密基地的な某カフェで、ランチ&打ち合わせ

escape.jpg stub.jpg

美味しいランチをしっかりいただき
ohca.jpg

bajiru.jpg

magurotenpi.jpg

食後に、↓「表紙のツリーハウスはヤバ過ぎるやろ~」と盛り上がっていたら、
ここのオーナーさんは、もともと「HIDE AWAY」で働いていて
treehouse_20100223004715.jpg blue.jpg

なんと小林崇さんのツリーハウス作りも手伝っていたそうです。
貸切になった所で、3人で談笑。

ちゃんこ一家:「これから、ウワサの秘湯探しに行くんです。」
オーナー:「先月、その秘湯帰りのお客さんが来てうわさを聞いたよ。僕も気になって、この前自転車で探しにいってきて、大体の場所は掴んできたけど、すごい道のりだよ」

ここにもウワサの秘湯を知るお方がいらっしゃるとは・・・





さらにテンション上がったところでいざ出発!レッツラゴー

途中・現地ともに看板なく、初めて行く人は、必ず道に迷い、中には辿り着けない人もいるというウワサをきいたので、詳細を握りしめ運転。
気分は「川口浩探検隊」ならぬ、ちゃんこ一家探検隊もちろんナレーションは田中信夫でっ

行くとこまろで行ったるで~


鵠沼・茅ヶ崎で細い道には鍛えられたが、ここもなかなか手ごわいワイルドな細道。地図に載っていない道も多数・・・
案の定迷い、地元の方に教えてもらうが、大半は知らないか、知っていても行ったことが無いそうです。
・・・これはきっと何かあるな。さらに心拍数up

地図上にある、すどう商会の裏道を上がればすぐに着きそうですが、
自転車しか通れません・・・紛らわしいから地図に載せんな

直接聞こうと電話をしたら、「本日は、営業しております・・・プープー・・」
まさかの留守電。営業してるくせに・・・

迷い疲れて、徐々に車内のテンションも下がり気味・・・いや険悪な雰囲気に

michi_20100223011030.jpg

結局近くの目印である、すどう商会のおじさんに聞くことに・・・
弱小ちゃんこ一家探検隊のために、秘湯への地図を書いてくれました!!map.jpg

途中に「魚のハクセイ館」(休館中)・・・ざっくり言い換えればただの民家です。
suizokukan.jpg

目印のひとつ、樹齢100年を超えるウメの巨木を発見!。
ume_20100223004738.jpg

そして第二の目印 鉄の下り坂。
terumichi.jpg
ここからは、山道。
ttetumichi3.jpg
いざ 進めっ ちゃんこ一家探検隊

wakimichi.jpg

ゴールはもうすぐだっ

karita.jpg


続く


↓ ↓ ↓フレンチブルドッグひろばはこちら
フレンチブルドッグひろば

よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓
FC2Blog Ranking


[ 2010/02/24 16:00 ] 探検 | TB(0) | CM(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。